片付けている様子

普段生活をしている部屋が散らかっていたり汚れていたりすると、毎日憂鬱な気分になりますよね。仕事から疲れて帰ってきたのに部屋を片付けなければいけないというストレスや本当は片付けたいけど時間が無くてできないという悪循環。

やろうやろうと思っていても結局後回しにしてしまいいつまでたっても部屋が散らかったまま。

そんな悩みをもっているあなたに、この記事を読むことで少しでも有益な情報を提供できればと思います。


1. 片付けができない人の特徴とは?

片付けができない人を表している様子

①物事を後回しにしてしまう人

あなたは学生の頃、夏休みの宿題を前半に終わらせるタイプでしたか?それとも最終日ギリギリになってほぼ一夜漬け状態でやる人でしたか?

まだ時間があるからとか後でやろうと思って忘れてしまい、結局ギリギリになってやり始めてしまい「なんでもっと早くやっておかなかったんだろう」と後悔しちゃいますよね。

私もそのタイプです(笑)

そうやって物事を後回しにしてしまう人は片付けも苦手な傾向にあります。

忙しい、時間が取れないという場合は仕方がないと思いますが、時間に余裕がある場合でも、結局だらだらと一日を過ごしてしまい、また今度でいいやと自分を甘やかしてしまうことが原因となっています。

こればっかりは、自分の意志の問題ですのですぐに変わろうとするのは難しいかもしれません。

しかしある方法を使えば、片付けができるようになるかもしれません。

そのある方法とは記事の後半でお伝えします。

②ストレスを物欲で発散する人

ストレスが溜まった時の発散方法として、食べるとか体を動かすとか様々な方法があると思いますが、その中でも厄介なのが物欲で発散するです。

服を買ってしまったり、必要のない雑貨や小物、少し高価なアクセサリーなど。

お金もかかりますし、大体は結局すぐ使わなくなって放置されてしまいます。

結果として、自宅に物が増えてしまい捨てられず散らかってしまいます。

定期的に断捨離ができるのであればいいですが、この記事を読んでいるあなたは恐らく片付けができなくて困っているからこの記事を読んでいるのではないでしょうか。

ストレスが溜まると物が欲しくなって、物を買ったことで得る幸福感でストレスを軽減しているのだと思います、その気持ちはすごくわかります。

でも物を買っても使わなければ意味がないし、いらないものを捨てられないのなら尚更です。

解決法については、この記事の後半でまとめてお伝えします。

③勿体ない精神が強く、物を大切にしすぎてしまう人

絶対にもう使わない物なのに「もしかしたらまた何かで使えるかも」とか「使わないけど友達に貰ったから」、「なんとなく思い入れがあるから」などの理由で物が手放せない人も多いのではないでしょうか。

実際に私自身、「勿体ない」とか「思い入れがあるから」とかいう理由で物が捨てられないタイプでした。

物を大切にするのはとても良い事だと思いますが、もう必要のないものやボロボロになった物などをいつまでもとっておくメリットは何もありません。

必要のない物をいつまでもとっておくと、自宅の生活スペースが狭くなってしまいますし、ボロボロになったものをとってあるとなんだかみすぼらしく見えてしまいます。

きっと物を大切にできる人というのはどんなことにも一途で真面目な方が多いのではないかと思います。

それはとても素敵な事ですが、それが原因で部屋が散らかってしまい片付けができないのであれば何の意味もありません。

これについても解決法はありますので、後ほどご紹介します。

④恋人がいない・家に人を招く機会がない人

恋人がいない人や友人や知人を家に招く機会がない人というのも、部屋が散らかっていて片付けができないという傾向にあります。

そもそも自宅なんて自分が生活するためのプライベート空間だからあまり人を入れたくないという気持ちがあると思います。

しかし、人を招き入れる機会がないと「誰に見られるわけでもないし」と散らかった部屋をそのままにしてしまいがちです。

恋人やよく遊びに来る友人などがいれば、気を使って部屋を綺麗にしたり、恋人や友人が部屋を一緒に片付けてくれたりします。

しかし、そういった機会がないと自分を甘やかしてしまいやらなくていいやという考えになってしまいます。

ですので、恋人がいない人や人を招き入れる機会がない人というのも特徴の一つです。

2. 部屋が汚いとどんなデメリットがあるのか

片付けが出来なくて怒られている様子

①気分が落ち込む

汚い部屋で生活している人は、心に余裕がなかったり何らかの心理的ストレスを抱えてしまっていて片付けをする気持ちの余裕がなかったり、体力的にそんな元気がないという心理状態になっていることが多いようです。

片付けできないことによるデメリットを説明した様子

気分が落ち込む⇒何もする気が起きない⇒部屋が散らかる⇒片付けできない⇒気分が落ち込む……といった悪循環が生まれてしまいます。

②心に余裕がなくなる

部屋が散らかっていると心もいっぱいいっぱいになってしまい、何かを受け入れたり許容する余裕がなくなるようです。

ちょっとしたことでイライラしたり、不安になったりして落ち着かなくなります。

自宅という一番落ち着くはずの空間にいるのになぜか落ち着かない、常にモヤモヤした気持ちでいるという場合は、部屋が散らかっている事が原因と考えられます。

③常に体調が悪くなる

部屋が散らかっていると心理状態があまりよくないと前途しましたが、心理状態だけでなく身体の体調面でも非常によくないです。

心理状態が体に不調をもたらす場合もありますし、部屋が散らかっているとその空間の空気が悪くなります。

部屋が汚れていると、埃やダニなどの虫が湧いてきます。食べかすやゴミではないにしろ埃を吸ってしまうと咳や鼻づまりの原因となります。

最近、咳やくしゃみが止まらないなどの体調不良が起こっているのであれば、散らかっている部屋が原因となっているかもしれません。

④物を失くしやすい

これは言わなくてもわかると思いますが、部屋が散らかっているとどこに何をしまったのか分からなくなってしまったり、埋もれてしまったりします。

またネックレスやピアスなどの小物類は一度失くすと探し出すのに苦労しますよね。

散らかった部屋が原因で、物を失くすストレスや探し出すための無駄な時間が発生します。

そういった小さな出来事が、日々のストレスや体調を崩すきっかけになってしまっているのです。

3. 片付いている部屋でのメリット

気分が良い瞬間を表した様子

①気持ちがスッキリし気分がよくなる

キチンと収納された棚や、綺麗に磨かれたフローリングなどを見て嫌な気持ちになる人はいないと思います。

パズルのように整頓された空間は気持ちを晴れやかな気持ちにさせてくれます。

また、片付け整頓がされている部屋はなんだかいつもより広く感じると思います。

部屋が広くなると自身の生活スペースがしっかりと確保できるようになり、落ち着いて生活できるようなります。

②体調が良くなる

すっきりした部屋で過ごしていると気分が良くなります。気分が良いと体調もびっくりするぐらい良くなります。体調は人の心理状態と紐づいていますので、気分が良いだけで風邪を引かなくなってしまうくらい、気持ちというのは身体に影響を与えます。

また、片付いていると埃や虫などが湧かなくなり、物理的に部屋の空気が綺麗になるので健康にとても良い結果をもたらします。

体調が良いと気分もよくなるし気分が良いと体調も良くなるといった好循環が生まれ、日々の生活が一層晴れやかなものになります。

③失くしていたものが見つかる

前に失くしたものや、ずっと探していたけど見つからなくてあきらめていた物などが不意に見つかったりします。

お気に入りだったアクセサリーやもしかしたらお金が見つかるなんてこともあるかもしれません。

自分の部屋からお金が見つかったらすごく嬉しいしなんだか得をした気分になります。

もし失くしものが見つかった際はもう失くさないように、大事な場所へしまってあげてください。

④無駄な出費が減る

これは前途したものと似ていますが、部屋が片付いていると物を失くしたりすることが無くなる為、無駄な出費が減ります。

また、部屋が綺麗だと「物を増やしたくない」「部屋を汚したくない」という気持ちになりますので、必要のない物を買わなくなります。

部屋が綺麗だとストレスが軽減され物欲で満たそうという考えも抑えられますので、物が増えず出費がかさむこともなくなります。

4. 今すぐ実践できる部屋の片付け方法

ワンポイントアドバイスをする女性を表した様子

①家に人を呼ぶ機会を作る

これは今すぐできるかは微妙ではありますが、非常に有効な手段です。

家に人を呼ぶときに、部屋が散らかっていたら気まずいですよね。「あ、この人掃除できない人なんだ…」って思われてしまうかもしれません。

人が家に来るとなったら少なからず最低限掃除すると思います。一時的にではありますがある程度部屋が綺麗な状態になると思いますので、家に人を呼ぶというのはなかなか有効な手段です。

②物を買いたい衝動を我慢する

買い物に行くとついつい何かを買ってしまう、物欲が抑えられないという衝動を我慢してみてください。

我慢をするのはとても難しいかもしれません。ストレスのせいでそうなってしまっているのであれば、そのストレスを物欲ではなく他で満たすようにしてみてはいかかでしょうか。

例えば、運動をしてみるとか、綺麗な景色を見に行くとか、時間があるのであれば休みの日に思いっきり昼寝をするなど、ストレスを軽減できることを探してみてください。

不要な物の購入を抑えることで、自宅に荷物が増えることもなくなりますので、本気で部屋を整理したいと考えているのであれば、物欲を我慢してみてください。

③思い切って捨てる

これができたら苦労しないよ…と思うかもしれませんが、思い切って捨てることができればそのあとすごくスッキリします。

流石に形見の品や大切な貰い物などは捨てられないかもしれません。ですが、なんとなく勿体ないから捨てずにとっておいた物や使わないけどいつかは使うかもしれないから捨てずにいるものなど、そういったものは捨ててしまいましょう。

使わないけどいつか使うかも……という物は大抵いつになっても使いません。家にあるだけ邪魔になります。

思い切って捨てましょう!

④それでも捨てらない場合は

それでも、どうしても捨てたくない捨てられない、解決できないという場合は、トランクルームを借りてみてはいかがでしょうか。

トランクルームとは、あなたの大切な物、捨てるものではないけど家にあったら邪魔な物(レジャー用品や季節人形など)を収納できるスペースです。

トランクルームについて詳しく説明している記事がありますので、こちらをご参考にしてください。

まとめ

片付けできない、部屋が散らかっているというのは些細に見えて大きい問題でもあります。

部屋が綺麗なのかそうでないかで、ストレスの感じ方や気持ちの持ちようが全然違います。

少しずつでもいいので、毎日ちょっとずつ何かを捨てたり片付けてみるという習慣をつけるようにしてみてください。

その小さな積み重ねが、とても大事だと私は思っております。

マリンボックスではホームページから24時間申込受付しております。

神奈川を中心に、東京・大阪・名古屋などにもトランクルーム現場がございます。

トランクルームをお探しなら、初月無料のマリンボックスへどうぞ!!